出会い系サイトや出会いアプリを利用しているのは男性ばかりというふうに考えている人が多いようですが、それは間違いです。実際に、優良なサイトだといわれる出会い系はたくさんありますが、実際にその中の一つでもアクセスしてみると、出会い系サイトや出会いアプリを利用している女性が非常に多いことが分かります。そういう女性は、どういう出会いを望んでサイトを利用しているのでしょう。もちろん、出会いに関して具体的な考えを持っていない「キャッシュバッカー」と呼ばれるような女性はいますが、出会いを望んでサイトを利用しているいじょう、やはり明確な目的のようなものがあるはずなのです。

もちろん、まじめに婚活がしたくて出会い系サイトやアプリを利用している人は大勢います。けれども最近になって特に注目されているのは、セフレを募集する目的で出会い系サイトを利用している女性たちです。出会い系サイト自体、それほど大げさに「新しい」ものではないので、出会い系サイトや出会いアプリというものが有名になり始めたころから、真面目な婚活ではなくセフレとの出会いを目当てにしてサイトを利用している人は男女問わず大勢いました(参照記事→出会系サイト 口コミ)。

けれども、今より少し前は、どちらかというと男性よりも女性のほうが、やはりセフレを募集するということ自体に抵抗を感じている人が多かったように思います。それが今では、出会い系サイトや出会いアプリを利用してセフレを募集するということについて、昔ほど抵抗を感じるという人が少なくなったのです。

もともと、一昔前の女性たちが、本当はセックスしたいけれど(だってセックスって本当に気持ちがいいから!)いろいろな理由から自分の欲求を抑制できた理由は、我慢して処女を守り通せば血痕のチャンスが多くなるという明確なメリットがあったからなんですよね。もちろん、いまでも結婚や子育てに無上の喜びを感じる女性はたくさんいて、それはそれでとても素晴らしいことだとは思うのですが、それでも今では、男女ともに結婚することのデメリットというものが言われ始めて、ぶっちゃけ結婚なんかしても良いことは何もないんではないかという考え方をする人が増えたようなのです。

そうすると、セックスをするのはとても気持ちがいいのに(なにしろ、女性がセックスの際に感じる快感は男性よりはるかに大きいといわれていますから)なぜ無理やり我慢しなければならないのかと考える女性が増えるわけですよ。

多くの女性たちがこれまで、セックスは気持ちがいいものと(噂とかで)知りながらなんとか我慢ができたのは、処女を守り通せば自分たちにとってメリットがある、血痕のチャンスが増えるということが分かっていたからです。ところが、結婚することのデメリットばかりが注目されるようになって、結婚しても大していいことなんかないじゃないかと考える男女が増えると、やせ我慢をしてまで処女を守る必要なんかないじゃないかと考える女性が増えるわけです。

我慢する必要がないなら、出会い系サイトや出会いアプリを利用して手っ取り早くセフレを募集し、セックスの相性がいい男性、あるいは経済力とか度外視して、容姿や性格だけで好きになれる素敵な男性と出会って、セックスしまくる方がメリットが大きいじゃないかということで、男女ともに恋愛観が大きく変化しているからこそ、出会いアプリを利用している女性が増えているということなのだと思います。

もちろんこういうものを利用して婚活をしている女性は、今でも多いのは事実ですが、むしろサイトを利用して婚活するより、セフレを募集したほうが手っ取り早く気持ちよくなれるじゃないかと考えている女性が増えたことも事実です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です